ユーロプランニング

耐震等級3

標準仕様

耐震等級3

耐震等級3の住まいで
「震度7」クラスの地震に備える

「耐震等級3」は、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級です。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。等級1では、大地震が起こった時に倒壊はしないかもしれませんが、建物が損傷を受け、結果として“住めなくなってしまう”こともあり得ますので、やはり、等級3が安心ではないでしょうか。耐震等級は、計算で算出される科学的な裏付けがあるものです。

耐震性は最高等級の
「耐震等級3」相当

耐震性は最高等級の「耐震等級3」相当

最高等級である「耐震等級3」は、建築基準法の1.5倍の耐震性

最高等級である「耐震等級3」は、建築基準法の1.5倍の耐震性

「耐震等級3」相当で建てる家の強さの理由は、建築基準法に定められた耐震等級1と比べてみるとその違いがよくわかります。住宅の耐震性を高めるポイントは、壁・床・基礎の強化です。
建築基準法では、壁の量・床の補強・基礎配筋等の仕様において、家の形状や大きさにかかわらず、一定の基準を満たせば良いという項目が多く、きめ細かな補強策がとられていません。
それに対し、「耐震等級3」相当の家づくりでは、家の形状や大きさに応じて強度の不足を算出し、しっかりした補強を行うため、吹き抜けを設けた開放的な空間であっても安心できる、地震に強い家を実現することができるのです。 

性能構造・施工管理へ戻る

Contact