ユーロプランニング

  • セントラル換気システム

    標準仕様

全熱交換型換気システム『e ここち』は、給気と排気を機械で制御する第一種換気と、冷暖房で快適に保たれた室温と湿度を回収しながら空気を入れ替える、熱交換ユニットを採用した24 時間換気システムです。
換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(回収)することで、換気による室温変化を抑え省エネ効果を発揮します。また、冬には室内の排気から水蒸気を回収して室内に戻すので、乾燥防止にもなります。

セントラル換気システムの効果

  • 花粉症対策に
  • シックハウス
    症候群を
    防ぎます
  • 外気を
    健康空気に
    換えます
  • 室内温度を
    快適域に
    保ちます
  • 乾燥・高湿度を
    防ぎます

家全体の空気環境をコントロールする 24 時間換気システム

家全体の空気環境をコントロールする24時間換気システム
  • きれいな給気 外気をクリーンに取り入れます

    たとえ窓を開けて風通しを良くしても、現代では外気そのものが汚れていることが少なくありません。24時間換気システムの「健康エアテリア 換気丸」は中性能フィルターを備えているので、粉塵・大気汚染等の汚れを除去してクリーンな空気を室内に取り入れます。外気をきれいにして取り入れることで室内の二酸化炭素(CO2)濃度を基準値の1000ppm以内に保ちます。

  • 汚れの排気 シックハウス症候群を防ぎます

    新築やリフォームした住宅に入居したときに、「目がチカチカする」「喉が痛い」「めまいや吐き気がする」「頭痛がする」などの症状があらわれることがあります。このシックハウス症候群の原因や一部として、建材や家具・日用品から発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレン等)の化学物質が挙げられています。「健康エアテリア 換気丸」には、これらの化学物質の濃度を低減する効果があります。

  • 温度の調整 室内の温度を快適域に保ちます

    夏は暑くて(約35℃)冬は寒い(約0℃)外気を、そのまま室内に取り入れるのは心地良くありません。また冷暖房装置の使用時には効果を下げることになります。24時間換気システム「健康エアテリア 換気丸」の“熱交換器”は排気に含まれる熱エネルギーを給気側に移す熱回収効果があり外気の温度を緩和して室内に取り入れるので心地良さを保ちながら大幅な省エネ効果が得られます。

  • 湿度の調整 高湿度や乾燥を適度に抑えます

    24時間換気システム「健康エアテリア 換気丸」の“全熱交換器”タイプなら、温度の緩和に併せて湿度も適度な状態に保つことができます。夏期は外気の湿分を排気側に移して除湿し、冬期は室内排気の湿分を給気側に移して加湿します。この適度な相対湿度によって、結露やカビ・ダニの発生を抑制します。

性能構造・施工管理へ戻る

Contact